記事一覧

  • 2017年11月22日(水)17時43分

ワークライフバランス。

アップロードファイル 300-1.jpgアップロードファイル 300-2.jpgアップロードファイル 300-3.jpg

最近よく聞かれるフレーズだ。
直訳すれば「仕事と生活(生き方)の調和」となる。

年が明けてからつい昨日まで、仕事でほとんど休みが取れなかった。狩猟期間中に出猟できないことが一番堪えた。
「仕事がある。」
いいことで大歓迎だが、忙しくなると自分を見失いそうになる。(「忙」しいという字は「心を亡くす」のつくりになっている。)

自分は、「街場の仕事は狩猟の代替行為」と考えている。
市場(マーケット) は猟場と捉えることができ、営業行為は獲物へのアプローチである。
猟具は様々なOA機器とソフト、販促ツールだ。
プロモーション活動やサンプルは、餌であり罠となる。
獲物は顧客であり、そこから上がる利潤は具体的猟果となる。
プロジェクトチームという勢子猟もあれば単独潜行猟もありえる。
困難な市場や、大型案件獲得時はトロフィーが与えられるし、取り分もデカイ。
まったく狩猟と一緒だ。

しかしながら、実際に鉄砲持って鹿獲ったり、魚釣ったりする日々を重ねてしまうと、街場の仕事が自慰行為のように感じてどうにも身が入らなくなる瞬間がある・・・。
もちろん街場の仕事は好きで、幸運にも天職と言えるような、やりがいや達成感のある仕事につかせてもらっている。不満は無い。その上で「しかしながら・・・・。」がどうしても頭から離れない。

現状は、「無理くり折り合いをつけて、」何とかやっている。自分にとっての「ワークライフバランス」の意はこっちだ。

最近思い始めた。もしかすると、あんまり若いうちから猟やると今の市場経済システムから距離が出来ちゃうんでないか?
若い衆。留意願いたい。思い過ごしだといいが・・・。

  • 2017年11月20日(月)18時33分

なんとか・・やりくりしての今年度初猟。恵みがあった。しかしながら・・・

アップロードファイル 299-1.jpgアップロードファイル 299-2.jpgアップロードファイル 299-3.jpg

北海道は10月1日から解禁だ。
それなのに、今期の初猟に出られたのはなんと11月半ばを過ぎてからのこととなった。
猟を初めてからこれほど遅い初猟は人生で初めてだ。
仕事が忙しいことはいいことだとは思っている。しかしながら解禁から一月半も過ぎてからの初猟は余りになんだかなあ~と思う。今回はたまたま道北へ出向く機会が有り初猟となった。

一生懸命仕事していることを山の神様も見ていてくれたのだろう。神様から「出会い」を授かった。りっぱな牡だった。「神様。ありがとうございます。」で躊躇なく発砲した。正面から首元へキッチリ撃ちこんだ。これまでの経験では即倒のはずだった。
それがなんと踵を返して歩くではないか、トットコと50m程スキップした。そして倒れた。最初外したかと思うほどの軽やかなステップだった。
「変なとこに入れたかなあ~?」と思いながら、止めと思い近づいた。するとなんとムックリと立ち上がりまた50m程走った。今度は横向きだったのでヒレの下あたりを抜いた。
倒れない??
15mほど先の沢の斜面に跳んで息を継いでいる。今度は後ろからネックを抜いた。やっとうずくまった。だけどまだ動こうとしている。今度こそ確実に止めると思って近づいた瞬間、沢に転がり込むように再度跳ばれた。沢にハマりこむ様にうつぶせで、まだ下ろうとの意思を見せていた。

後ろから近付いて後頭部を抜いた。やっと止まった・・・。
計4発使った。自分の使ってる弾は7.62㎜で弾頭重量180grのマグナムだ。これまでに止め矢をいれて1頭で2発以上使ったことは無い。(腕の話じゃないぞ。弾が良いという事だ。)
いや~、鹿は弾に強いと聞いていたがこれほどとは・・・肚を開けると大量の血だった。ほとんど放血が必要ない状態だった。いい勉強になった。
(解体と搬出でも難儀した。昼の出会いから完全回収まで4時間近くかかった・・・重かった~。)

山の神様に感謝するとともに、出会った牡鹿に敬意を表する。

  • 2017年11月13日(月)13時40分

新しい猟野拡大の可能性だ。根室の東だ。

アップロードファイル 298-1.jpgアップロードファイル 298-2.jpgアップロードファイル 298-3.jpg

先月たまたま仕事で機会が有って根室方面に出向いた。
国後島、択捉島、色丹島を巡る船があり、乗ってみた。
折角だったので各島の「山めぐり」と思い、3島の地元のハンターと一緒に山入りしてみた。
(方言がきつく、コミュニケーションをとるのに難儀した。何弁かは不明だったが、それでも何とか話しかけてみた。)

聞くに鹿が全く居ないとのことだ。獣猟としてはヒグマ、そしてこれがかなりデカくて過去のレコードで700㎏が最大とのこと。

ま~、さもありなん。国後島の面積は沖縄本島よりデカく、人口は8千人弱。択捉島は鳥取県に匹敵し人口は6千人弱。色丹島は徳之島と同じ面積で人口は3千人弱。しかも各島街場以外はほとんどが自然保護区指定だ。

社会資本整備も街場が中心で、人口も行政サービスも特定した場所に集中したシステムがとられていた。ある意味効率的で自然がより多く残される手法かもしれない。

温泉もよかった~。自然河川が温泉で、「完全な源泉かけ流し」だ。しかも無料!(沸騰水の河川と冷泉河川の混じり合った滝の上部が湯船になっている。)

今後、新しい猟場として是非考えていきたい。
・・・ただ、何故かハンター向け道発行の鳥獣保護区一覧に当該地域の記載がない。漏れているようだ。何かの機会に指摘しておこうと思う。

*船は残念ながら定期便ではなくて、春から秋にかけて時々運航するだけのミステリアスな船だ。
(切符も旅行会社では取り扱っていない。東京方面のなにやら「カンテー」というところだった。)

  • 2017年07月09日(日)09時11分

ロシアが近くなった。今夏「サハリン ハンティング」いかがかな?

アップロードファイル 297-1.jpgアップロードファイル 297-2.jpgアップロードファイル 297-3.jpg

今年も北海道からサハリンへ定期フェリーが就航している。(間宮林蔵の時代は帆掛け船だったけど、今やウォータージェットだ。)
9月19日までの期間だが夏の間はほぼ毎日の運航だ。稚内港からコルサコフ港まで僅か4時間とのことだ。

銃の持ち出しには経産局の輸出許可と領事館の翻訳証明などちょっとメンドイけど海外ハンティングではそれも致し方ない。だけどその苦労は報われるはずだ。
ゲームが多彩だ。ヒグマ、蝦夷雷鳥、ヒシクイに雁、、、

北海道のすぐお隣に魅力的なフィールドが展開している。サハリンと北海道の面積はほぼ同じ、しかし人口は10分の一以下だ。お国柄もあってインフラ整備なる言葉からもかなりの距離感がある地域で、本当のウイルダネスが残る。

さすがに「行きゃあ獲れる。」とはいかないだろうけど、経験を積みたいと考えるハンターにとっては絶好のステージと思う。

試してみないか?ロシア極東サハリン。
・・だけど切符は片道でもいいかも知れない・・・・。幸運を祈る。

  • 2017年07月07日(金)06時20分

狩猟とは関係ないけれど、カセットテープを見つけた。

アップロードファイル 296-1.jpgアップロードファイル 296-2.jpgアップロードファイル 296-3.jpg

自分が猟に出かけるときに使う車はかなり古い四駆だ。30年前の昭和の車だ。
当然CDなどは世の中になかった。カセットテープだ。(さすがに8トラじゃないぞ。)
時代は「ラジカセ」「ソニーのウォークマン」「メタルテープ対応」、「Hi-Fi」「ドルビー回路」「一発頭出し機能」とかの言葉が盛んに喧伝されていた時代だ。
平成生まれには何の話か分からないと思う。理解の外だろう。

世にCDが出始めたころ、自宅にあったカセットテープがいつの間にかカミさんに全部処分されてしまった。なぜなら家族は俺の四駆に乗ったことがほとんどなかったからだ。
そんなことで永らく車で音楽を聴く機会から遠ざかっていた。

・・今日、見つけた! ミュージックテープだ。(これも今ではシ語だな。)
道北のある町のホームセンター。佇まいは荒物屋といったほうがいいか、そこのレジ横に大量にあった。ラベルは日に焼けて一部かすんでいたが、すべてセロハンで包まれた新品だ。ラインナップのタイトルも時代めく「ビッグスター シリーズ」となっている。40年前と思われるヒット曲の数々。あまりに懐かしく、そしてうれしくて買ってしまった。
アグネスチャンのデビュー曲に天地真理・・かぐや姫にチューリップ、、、タイムスリップだ。

しばらくは長距離移動が苦にならないかと思う。
もちろん猟期だっていい。アグネスチャンの「草原の輝き」なんかBGMにして流しだ! 今から楽しみだ。

  • 2017年05月29日(月)19時11分

登山シーズンの開幕だ。日高の山奥で小屋開きだ。

アップロードファイル 295-1.jpgアップロードファイル 295-2.jpgアップロードファイル 295-3.jpg

縁が有って小屋開きのお手伝いをさせていただいた。
早朝集合なので札幌から前日出て、山の集合場所で車中泊だった。

現場は日高の山奥も奥。ま~遠かった。普段車は侵入できないが、小屋開き事業として許可を得て作業機械に人員搬送で数台で入った。車でも3時間近くかかった。
(通常は車両通行不可なので登山者は小屋まで5時間から6時間かけての歩きルートとなっている。)
作業は、
・小屋の保守点検、整備。
・取水と小屋までの導水ラインの設置。
・トイレ整備。
・渡渉点でのエスケープルートの開削とロープ設置。

渡渉点でのエスケープルートの担当となった。渇水期なら問題ないポイントだが、降雨増水となれば下山が全く不能となる渓相で、高巻しか選択肢がない。しかしながら高度があり斜度がきつく斜面も腐葉土で足が効かない。ロープ設置が肝だった。クマザサを掴みながら片手で鍬をふるってのルート工作だった。終日雨の中での作業だった・・・。
しばらくぶりにビビりの感触を味わった。街場では絶対にない緊張感だった。
だけど、残雪に水量豊富な清流、そして新緑は心豊かなひと時でもあった。
ま、なんにしても無事でよかった~・・・。

(残雪にデカイ鹿の跡があった。だけど冬にここへは無理無理。見ないことにした。)

  • 2017年05月01日(月)06時39分

猟期の獲物が新たなレシピで登場だ。絶品二品!

アップロードファイル 294-1.jpgアップロードファイル 294-2.jpgアップロードファイル 294-3.jpg

今やBarの冷凍庫は自分のストッカーになった。

仕事に追われ、本当に久しぶりに顔を出した。
扉を押しながら「おう!おはよう。」(ススキノは夜でもおはようから始まる。)
・・・十年一日の挨拶だ。
Ownerは返事の代わりに「ちょっといい感じの二皿用意できます。待っててください。」と厨房に引っ込んだ。

出た!!
・ロースのたたき 白髪葱・針生姜載せ・ポン酢仕立て。
ビックリするほどうまい!あっさり爽やかで清酒の冷やがめっぽう合う!秋鹿の純米だ。抜群の相性だ。いっくらでも飲めそうな一皿だ。

・ロースたたきにとろろ芋とキャビアに山わさび載せ。
すっげ~ウマイ。言葉を失った。冷やも間違いないがウオッカもいい。
シカ肉と魚卵が合うとは思わなかった。とろろと山わさびが最高。(Ownerはイクラの醤油漬けでも合わせてみたいと言っていた。)
旨すぎて腰が抜けた。・・ウオッカのせいじゃないぞ。

ハンターで良かった~!としみじみ思った。
そして天才料理人(本来はBarmanでOwner)との出会い。超ラッキーなハンター人生だ。

狩猟始めてみないか?

  • 2017年04月28日(金)06時21分

奈良の鹿公園? 野生の王国? いいやそれは稚内だ。

アップロードファイル 293-1.jpgアップロードファイル 293-2.jpgアップロードファイル 293-3.jpg

今週ちょっと稚内に出向いた。
車で行ったわけだが、街に入るなり目を疑った。
街外れとはいえ、市内だ。そして国道沿いだ。

公園に、住宅の玄関脇に、工場敷地内にとシカが群れている。
驚いたのは公園だ。遊具で子供たちが普通に遊び、犬のお散歩の市民がそこかしこに居る。
子供たちはまるで鹿が目に入らないような振る舞いだ。無視というより「何の興味もない。」といった風情だ。犬のお散歩もそうだ。全く犬が反応しない。飼い主とじゃれている。
・・・鹿も鹿だ。人間に、子供に、車にまったく反応しない。
試しに鹿のすぐ近くに車を横付けしてみたがそっぽ向かれただけで逃げようともしない。

数年前まで稚内市外の牧草地ではよく見かけた。
しかし、今や市街地だ。公園だ。市役所だ。住宅の前庭だ。

なんだか・・・鉄砲持って、早起きして、燃料焚いて遠くまで出向いていることにちょっと理不尽さを感じ始めてしまった。「公園までお散歩して、石持ってゴン。」でいいような気がしてきた。

狩猟ってなんだっけ??

  • 2017年04月03日(月)17時19分

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」4月17日(月)は注目だ!

アップロードファイル 292-1.jpgアップロードファイル 292-2.jpgアップロードファイル 292-3.jpg

道東在住の猟師「久保俊治」氏のプロとしての生き方が掘り下げられて放映される。
ノンフィクション「羆撃ち(KUMAUCHI)」の著者である。

同番組は「誰もが認める、その道のプロ。いつの時代に有っても常に挑戦者であり修羅場をくぐり、自分の生き方に確固とした「流儀」をもっている仕事人の紹介。」をコンセプトにしている。
ま、平たく言えばその世界での頑固者の紹介ともいえるかと思う。今は少なくなった・・・。

狩猟の世界はなかなかTVカメラと縁がない。しかしそこにNHKだ。ドキュメンタリーだ。CMなしの50分間。充分期待していいと思う。

久保氏とは数年前に猟友会主催のフォーラムでご縁をいただいた。講師としてお越しいただいた。しゃべり言葉を紡ぐことに慣れていない感じだったが、その存在感は強烈なオーラを発していたように思う。多分TV画面からも絶対に伝わるものと思う。

何年か前に「情熱大陸」という番組に出演されていた。その時も画面から圧を感じた。

4月17日NHK総合TV 午後10:25分からの放送だ。是非ご覧いただきたい。
(本件、更なる詳報があれば加筆していきたい。)

=4月18日情報!=
有料だが見逃した方に視聴のチャンスがある。NHKの専用ホームページでオンデマンドだ。
http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2017077447SC000/?spg=P200800006600000

  • 2017年03月29日(水)06時56分

自家製鹿肉生ハム。のオープンサンド。

アップロードファイル 291-1.jpgアップロードファイル 291-2.jpgアップロードファイル 291-3.jpg

引退する大先輩からいただいた鹿肉生ハム。
いつものBarにキープしてある。

Barオーナーがヒト工夫して出してくれた。
クリームチーズをベースにしたディップと玉ねぎのスライス。そしてロシアの黒パン「ボロジンスキー」のトースト。

黒パンにディップを塗り、オニオンスライスを盛る。そして鹿肉生ハムを載せ粗挽き胡椒を振る。オープンサンドの出来上がりだ。
ライ麦の黒パンがディップもトッピングも生ハムも完全に受け止めてタダモノデハない逸品に仕上げてしまった。ちょっとのトースト感が更に食感を際立たせる。
生ハムの塩加減が絶妙だ。前回の生ハムはモモ肉だったが今回のはロース。筋が無いので歯触りも良く食べやすい、オープンサンドにはベストマッチ!


生ハム・・・まだちょびっと残してある。
製造者である先輩を誘って飲みに行こうかと思う。
冷えたウオトカのストレートを合わせてじっくり行きたい。

この間の猟果、ソーセージに出さずに生ハムに挑戦してみようかな?
作り方を伝授頂こうっと!