記事一覧

  • 2021年02月18日(木)06時27分

日本刀 (改) 「残欠」というらしい。

アップロードファイル 352-1.jpgアップロードファイル 352-2.jpgアップロードファイル 352-3.jpg

知人の刃物を見せていただく機会があった。
日本刀の真剣を加工した ナイフ? 包丁? 鉈?・・・なんとも形容しがたい刃物だ。

刃渡りは三分の一くらいになっているが、真剣由来の物に生まれて初めて触れた。
第一印象は本能的に「畏」だ。道具を触るといった感じではなく、緊張感を強いるまさに刀、武具といった感じだった。本物が持つ得体のしれないなにか圧力、重量感、存在感みたいなものがあって、日常の道具として使えるような雰囲気はどこにもなく、刃の迫力が漂っていた。

持ち主は本州の刀工の方で、修行時の日本刀の試作品を加工したものだと聞いた。鋼材は日本古来のたたら製鉄による「玉鋼」。特徴は「折れず、曲がらず、よく切れる。」素材とのことだ。

切れ味がまたすごい。長期保管のせいか若干錆が浮いていたが新聞紙が横に切れる。「切っ先」から「はばき」まできっちり刃がついていてどこにもダル身がない。すっごい刃物だと実感した。もし原寸大で振り回したらと思うと鳥肌が立つ。稀有な体験だった。

「桃太郎侍」も「長七郎江戸日記」も見方が変わりそうだ…いや待て、令和だ。「鬼滅の刃」と言っておこう。

  • 2021年02月12日(金)06時31分

紀元節だ。建国記念日だ。皇紀二千六百八十一年。令和三年だ。

アップロードファイル 351-1.jpgアップロードファイル 351-2.jpgアップロードファイル 351-3.jpg

神武天皇建国以来、実に2681年。世界最古の国だ。う~んなんか誇らしい!
立憲君主国家で民主主義。宗教も神道は八百萬(やおよろず)の神様が在って森羅万象の世界に誘い、もちろん五穀豊穣も司どってくれる。まことありがたい。お寺さんともうまい具合に折り合って神仏習合で「和」が実現している。

海外で「日本てどんな国?」と訊かれることがある。しかし彼らはトヨタ、セイコー、パナソニックの話を聞きたいわけじゃない。

自分の国についてそのアイデンティティーを語れることは大事だなと思う。個人の趣味の狩猟も「山の神様から授かる。」とか「いただきます。」「もったいない。」の言葉の概念が伝わるといいな思っている。日本の道徳については新渡戸稲造の著書が秀逸だし、五穀豊穣も「米」から始めると日本文化を伝えるに便利で早いことがわかった。

自らの国を誇り、語れることは国際社会で信頼につながる。
これからの世代に期待したい。

  • 2021年02月08日(月)06時16分

タイヤチェーンを新調した。

アップロードファイル 350-1.jpgアップロードファイル 350-2.jpgアップロードファイル 350-3.jpg

これまで「ゴッツイ」タイヤチェーンを使ってきた。20年以上になる。当時35インチタイヤに対応するチェーンがなかなかなく、ボブキャット用を求めた。確か3万6千円くらいした。(写真:左・中央)
鎖の駒はなまらブットク、デカくて素材も鋼のような業務用感丸出しだ。当然、性能もスゴくてブルドーザー並みの突破力で雪でもマッドでも天下無敵だ。耐久性も高く丈夫この上ない、切れるなんてこともまず心配しなくていい。さすが建設機械用だ。しかしその分重量があり齢を重ねるごとに着脱に難儀し始めた。負担感が募り出番が減った。適宜適切な運用が求められるチェーンなのに「面倒くさい。」で、怠けるようになりつつあった。

そんなんで、使いやすいチェーンを新たにネットで探してみた。35インチ用(315x75x16)でスグ見つかった。(販売元は東京だったが製造は十勝音更だった。)
アマゾン便利!しかも高くない。ポチッとしたら3日で届いた。
重量も3分の一くらい。見た目で「突破力はどうかなあ~?」、と思いつつも着脱しやすさは求めていた以上だ。楽になった。(写真:右)

 年齢は「重ねる。」とちょっとポジティブな言い回しがあるが、体力は「衰える」を実感するお年頃となった。装備の更新を考えねばならない時期かもしれない。

  • 2021年02月05日(金)20時31分

猟。海外という手もある。銃の輸出許可。

アップロードファイル 349-1.jpgアップロードファイル 349-2.jpgアップロードファイル 349-3.jpg

北海道はいい。一年の半分が猟期で鹿ならほとんど獲り放題だ。世界的にみてこんな地域はない。
欧米はかなり厳しく、短いオープンシーズンに割り当ても一人当たりシーズン1~2頭で、多くても二桁などまずない。
北海道は新人でも多くの機会を得、経験が積めるパラダイスだ。
しかしながら、その北海道も昨季・今期は猟場の制限が細かく設定されスマホ対応はありがたいがほとんど真っ赤っか(制限区域)でやる気が削がれる・・・。なんとかならんか・・・。

そんなことで海外という手法も提案してみたい。
手続きはかなりメンドクサイが難しくはない。(実例として北海道→ロシアだ。)
関係する省庁や団体は、経産省(経産局)・警察・税関・領事館・船会社ないし航空会社。
必要書類は、銃所持許可証コピーと翻訳そして領事館の翻訳証明。
次に経産省の輸出許可申請書(フォームは輸出貿易管理規則第1条第1項)
その他として渡航日程、銃・弾薬等運送依頼書、ロシア連邦内務省(警察)許可証。もちろんパスポートやビザは要る。

大事なのは相手国の受け入れ機関だ。ハンティングガイドや現地旅行会社の協力が不可欠だ。
出発予定日の2か月前くらいから準備が必要だ。今はコロナでPCRや帰国時に2週間の外出自粛のおまけつきだが・・・。

ま、猟果を求めるというよりは多様な経験を積みたいと考えるハンターにお勧めの手法だ。

  • 2021年01月21日(木)06時18分

北の国の昔ながらの猟生活 少数民族ニブヒ、ナナイ、ネネツ、ウィルタ・・・。

アップロードファイル 348-1.jpgアップロードファイル 348-2.jpgアップロードファイル 348-3.jpg

21世紀になって20年が経った。
世間ではITだIotだ、AIだかが急速に発展し拡大している。なんだか仕組みはよくわからないけどかなり便利で、もうそれ無しに社会生活が営めないようになりつつある。
なんかヤバいなと批判的な目は持っているが自分もちゃっかりその恩恵に預かっていたりしていて、いつのまにか無自覚に依存していたりする。

しかしそんな21世紀をスッパリ切り落とした世界が北海道のすぐ近くにある。
自家消費と一部経済活動を目的に狩猟・採取・漁労・遊牧の世界だ。

猟はカワウソ、ミンク、テンetcの罠掛け。銃猟は流氷上のアザラシでいずれも毛皮猟だ。
採取は冬を除き山菜とベリー類にキノコ。漁労は一年を通じて海川湖で網と釣りで魚だ。遊牧はトナカイ。

冬。テントを張って猟と氷下漁、穴釣りをやる。氷点下20度30度は当たり前。時に40度を下回る環境だ、そこでテント生活だ。レジャーキャンプじゃない。暮らしの場だ。
キャンバス地のテントの中は土間に薪ストーブが焚かれ、小上がりがありベッドがある。寝具はトナカイ毛皮だ。快適だ。衣食住の必要にして十分な暮らしがそこにある。
(誤解のないように申し上げたい、彼らは街場では家族も住居もありスマホも持ってる。・・ただ街には居ない事の方が多いように思う。今のコロナ禍ではある意味いい疎開でもある。)

参考までに、当地の罠はトラバサミで大・中・小がある。ライフル実包は7.62㎜x54Rが一般的だ。散弾装弾は12番、16番、20番とあり、この21世紀にあって紙薬莢があるのが面白い。

  • 2021年01月18日(月)06時12分

ゾンメルスキー2種 ロシア製だ。

アップロードファイル 347-1.jpgアップロードファイル 347-2.jpgアップロードファイル 347-3.jpg

厳寒、深雪、林間対応の冬の実用品だ。
ロシアで猟をやるナナイ人の知人が使っていたので面白いと思い当地の銃砲店で買い求めた。(知人が使っていたのはお手製でシール付きだった。)
自分的には例の秀岳荘オーストリア製を使っているので当該品は使う予定もなくビンディングもシールもないまま、未だただ持っているだけで出番なしだ。

特徴はいずれも超幅広だ。軽く柔らかい深雪を想定しているようで白い方は幅なんと25㎝(全長155㎝)。 別にシールを張るタイプだ。

黒っぽい方は15㎝幅で裏にうろこ状カービングが施されていてシール不要の仕様だ。
当地は日本と比べ山岳地というより平地林間、流氷原が主な猟場でカービングでも間に合うようだ。そして一本竿ストックで運用する。カヤックパドルのダブルブレードのような使い方だ。
足運びもなにか大型スノーシューのような使い方に見えた。

両種とも性能的に北海道では旭川以北やオホーツク方面内陸部向きと思う。朱鞠内や幌加内、北見だな。

猟用スキーも土地柄で様々だ。その国のアウトドア用品を見るだけで季節や気候、気温、その土地の特徴がイメージできるのは楽しい。

  • 2020年08月27日(木)06時39分

日本版スキットル!?  ワンカップとポケット瓶だ。

アップロードファイル 346-1.jpgアップロードファイル 346-2.jpgアップロードファイル 346-3.jpg

山泊まりに絶対欠かせない日本酒、焼酎、ウイスキー。寒い時期の山泊まりの最重要装備だ! 熱燗。お湯割り。ホットウイスキーなんかでつまみはボンゴ豆。ススキノでオネーチャン相手に水割り飲むより100倍ウマイ!(・・いや、やっぱり1.5倍くらいにしておこうかな・・。)

若い頃はカッコつけて上等なスキットルやフラスクなんかも手に入れて、いい酒入れて。使ってみたら全然足りなくて結局ボトルで持ったりして・・。何やってたんだか、汗顔の至りだ。

今やお気に入りは、全然金のかかっていない品物ばかりとなった。しかも使いまわしているので環境対策最先端と思っている。
●日本酒はワンカップ。ガラス製だが頑丈で蓋の密閉は完璧だ。そして一番のお気に入りが月桂冠のCAP-ACE。徳利様のガラス小瓶に盃がついたヤツだ。なんだか酒を飲むのが楽しくてしょうがない。
●焼酎は黒霧島25°のワンカップ。ペットでスクリュー栓。6・4のお湯割りがいい。
●ウイスキーは角の旧型ポケット瓶を使いまわしている。旧型は瓶にRがあってヒップポケットに収まりがいい。(新型はつまんない瓶になった。)

年とともに酒量が減ったことでその量もJUST SIZEとなった。そして、やっぱ酒はその容器やデザインも味のうちだなと強く思うようになった。

つまみは絶対「ボンゴ豆!」どんな酒にも合う魔法の豆だ。ま、言うまでもない道産子の常識だはな。

  • 2020年08月19日(水)06時46分

猟場への道 最重要装備「ウインチ」(PTOウインチ)。 メンテナンスも

アップロードファイル 345-1.jpgアップロードファイル 345-2.jpgアップロードファイル 345-3.jpg

いったい何十回助けられているだろう・・「ウインチ。」
もしこの装備がなかったなら、山のど真ん中で遭難騒ぎとなりかねない状況が数えられないくらいあったと思う。
ま、ウインチがあるから無理して突っ込んでしまったというのも確かにあるな。
だけどそれくらい猟場では重要かつ究極で信頼の装備だ。
シャーピンを折ったのも数えきれない。部品共販で在庫全部を買ったこともあるくらいだ。今では残が4本となってしまった。

そんなウインチだが、ついに本体の具合が悪くなってしまった。オイルシールの劣化だ。封入オイルが漏れ始めた(写真左)。使用頻度と使い方を振り返ればさもありなん、近頃は年齢とともに車に頼る狩猟スタイルになりつつあることから殊更不具合に目が行くようになった。年相応の何かだな。
シールとオイル交換だ(写真中央)。解禁前でよかった。

ウインチのワイヤーロープのメンテも重要だ。「二硫化モリブデン配合グリース」の定期的な塗布を強く勧める。繊維芯が乾燥するとワイヤーロープの強度は極端に落ちる。万が一破断すると重大な結果に直結する。

(オッサンから更なる助言だ。たとえウインチ装備であってもヤバそうな所を通行する際は常に「アンカー」を意識すること!アンカーが取れなければウインチはただの重しで何の役にも立たない。それとウインチングには周辺装備等のトータルな準備が必要だ。いずれ「こだわりの装備」で紹介したい。)

それと前回UPしたクロスメンバーの腐食。無事修理完了!完成写真が右だ。特注のワンオフだ。

  • 2020年08月04日(火)06時59分

猟に欠かせない足「車」。日頃のメンテが肝要だ。

アップロードファイル 344-1.jpgアップロードファイル 344-2.jpgアップロードファイル 344-3.jpg

今の北海道の猟では鉄砲の次になんといっても「車」がかなり重要な装備となる。その昔は汽車やバスで猟師を見かけることがあったが今では最早伝説レベルの話だ。

その車だが、猟で使うとなると藪漕ぎや廃道突破、泥田にガレ場、渡渉に乗越と過酷な使い方が普通となる。当然、部品も車両本体も相応なダメージが蓄積されていく。そして部品も製品寿命を迎える・・

ま、そんなときは修理であり交換作業だが、昭和の車は作りがシンプルでいい。
今回はショックアブソーバーだ。封入オイルが抜けた。前回の交換から9万㎞だ。使い方から考えれば持った方だと思う。
サスはリーフリジットなのでショック交換は上下のボルト2本外すだけだ。独立懸架だとこうはいかない。
ただそんな整備性のいいリーフリジット車も昭和の車となるので当該部分以外の各部の劣化も深刻なものがある。そんで作業の中でとんでもないものが見つかってしまう。
ショックのシャシー側ブラケットの「クロスメンバーに大きな穴~!?」
「錆びで亀裂が入っているー!」・・・エライもんが見つかってしまった・・・。
クロスメンバーのワンオフ製作になりそうだ・・・。(例の定山渓に入庫予約だ。)
  
泥沼は猟場だけではないな。古い車の修理世界にもかなり深い落とし穴がある。

  • 2020年07月17日(金)16時37分

いや~、大ショック! 一体どうなってるんだ!? なんてコトだ!

アップロードファイル 343-1.jpgアップロードファイル 343-2.jpgアップロードファイル 343-3.jpg

愛する妻がスーパーでお買い物をしてきてくれた・・。お肉を買ってきてくれた・・。

「お肉食べる~!? 安かったのよ。鳥の胸肉よりも安いのー。」
で出されたのが写真のブツだ。値段にビックリ。めまいがした。

鹿肉だ。100g=69円!!しかも見切りで1割引き。62円だ。1㎏620円。「ガ~ン・・!」 膝が折れ、手をついた。
自分が鉄砲始めたころの鹿肉はたしか1㎏=4,000円だった。

そして食べてみた・・。これがめちゃくちゃウマイ。
青臭さはどこにもなく、完璧な血抜きと時を置かずに冷却された仕事がうかがえた。
食肉として日本人が求める完全な赤身肉だ。どこで、誰に出しても高い評価が有られるのは間違いない。

愛する妻が笑顔で言った。「おいしいね~。」と、
だけど目は口ほどに物を言う。『弾って一発600円? 猟場までの燃料代。会費に保険に税金に・・・。休日出勤の人件費なんかに換算すると一体どれくらいかしらね~。』と、間違いなく言ってる目だった。
目を見ないようにしてただ俯いて「ま、まあまあ、だな~。」と応えるのが精いっぱいだった。