記事一覧

  • 2024年02月16日(金)13時29分

米こうじで「塩麴」に「醤油麴」だ。ヒネタ雄鹿肉対策の常備品。

アップロードファイル 64-1.jpgアップロードファイル 64-2.jpgアップロードファイル 64-3.jpg

猟も人それぞれだ。トロフィーハンターも居れば、有害鳥獣駆除も居る。食肉施設への販売者もいればペットフード業者への販売者もいる。

自分は「ミートハンター」の括りかな・・・
鹿は獲ったら「喰う」が基本だ。当然うまいもんが食いたいのでそこを帰結点としてちょっとだけ手間暇かける。放血、冷却、熟成、・・・か。そして、「保存と下拵え」だ。
・・・「麹」がいい。日本が世界に誇る発酵調味料だ。

塩麴と醤油麹が実にいい仕事をする。保存性向上・旨味UP・高栄養化・肉の食感UP(柔らかさ)だ。ひねた雄鹿肉には特に有効な手法だ。(一本仔、ガニさん、子鹿、雌鹿はそのままで十分にウマイ。)

「塩麴」「醤油麴」。うちでは米こうじを買ってきてカミさんが手作りだ。ありがたい。唐揚げの下拵えや焼き料理・炒め料理なんかで年中普段使いだ。猟期中は使用量が増える。鹿肉で焼き肉の下拵え、たたきの漬けダレ、コショウ鹿なんかのメニューで大活躍だ。
スーパーで既製品も売っている。ペットボトルやパウチタイプなんかで展開していてすぐに使えて大変便利。ただ漬け込むだけだ。

・米こうじは200gで200円ちょっと。出来上がりは2~3倍の量になる。
・パウチは出来上がった状態で200g 240~250円位。
★猟期中は常備することを強くお勧めする。美味しい鹿肉料理は狩猟に対する家族理解が大きく深まる。

  • 2024年02月09日(金)10時31分

キャンティーンカップ。(水筒に付属のカップの事だ。)ステンレスだ。

アップロードファイル 63-1.jpgアップロードファイル 63-2.jpgアップロードファイル 63-3.jpg

お湯を沸かすにも、麺類・スープ類を作るにも、雑炊を炊くでもいい。
ヤカン、鍋、食器(カップ)と汎用性が高い。容量も600㏄ある。飯盒替わりとして使える。

・湯を沸かしてコーヒーや紅茶。魔法瓶への給湯。
・素麺にスティックタイプのうどん出汁で温麺。
・コンソメ(キューブでも顆粒でも)とレトルト豆パックでマカロニスープ。
・パック飯にエバラの「プチっと鍋」か味の素「鍋キューブ」で雑炊。
万能だ!

大事なことは素材が「ステンレス」である事だ!
ステンは飲用カップにしても食器にしても直接口をつけて喫食できる。熱々のまま飲食できることは殊の外ありがたい。
用途として似たようなものが国産(官製)であるがアルミニューム製だ。絶対避けるべきだ。アルミは熱伝導率が高く直接口をつけることは不可能だ。冷めてからでないと飲食できない。(アルミ指定の製品仕様書を作った奴は懲戒処分と思う。何十年も改善されないことはもはや犯罪だ。)

やっぱこういったものは海外のモノに一日の長があるな。・・・いや千日、万日くらいの長か。

  • 2023年07月01日(土)17時59分

日本が世界に誇る傑作~鍛造山道具「鉈(なた)」~。

アップロードファイル 62-1.jpgアップロードファイル 62-2.jpgアップロードファイル 62-3.jpg

山入りの際にはナイフと共に欠かせない道具として常に持ち歩いている。必携だ。
写真は大小で六寸五分(19.5㎝)と七寸(21㎝)だ。長さがちょっとだけ違う。

両方とも伝統の片刃で、子供のころから慣れ親しんできたことから体の一部のようになっていて荒使いでも鉛筆削りでも何でも来い!である。
藪払い、柴刈り、枝打ち、薪づくり、串づくり、ペグづくり…。万能だ。
短い方は積雪期。長い方は無積雪期で何となく使い分けている。長い方がいいのは遠心力で打撃力が大きいこと。本当は八寸や九寸がいいのだけれどなかなか売っていない。ホームセンターではほとんど五寸か六寸だ。

自分の二振りは親父が使っていた時分からだから多分半世紀以上前の業物で土佐モンだ。
鞘は修理、修繕、改造を重ねているが本体は研ぎだけで何も手を加えていない。
~50年以上だぜ~。
柄に緩みもガタつきもなく、刃も研ぐだけで切れ味は包丁並みだ。鉄が良いんだろうなあ~。
柄と鞘に巻いているのはパラコード。シングルで耐荷重250㎏、巻きは「引き解け」で一か所解くだけですぐにバラせる。山では細引きが何かと重宝する。パラコードの下には針金も巻いている。
柄のビニールテープは積雪期は「赤」、無積雪期は「青」が認識しやすい。60㎝分位を巻いておくと何かの時に結構役立つ。

  • 2023年05月30日(火)18時27分

鹿肉に山わさび。「おろし金」にこだわりたい。

アップロードファイル 61-1.jpgアップロードファイル 61-2.jpgアップロードファイル 61-3.jpg

・・・まずは恥ずかしながら懺悔したい。この歳になるまで山わさびはず~と北海道の在来種で固有種くらいの思い込みをしていた・・・。「北海道が世界に誇る薬味世界のチャンピオン=山わさび=。西洋わさびやホースラディッシュは亜種のパチモン。」くらいのひどい間違いをしていた・・・。あ~、恥ずかしい。
道新の記事で由来や歴史の詳細が報じられていた。「明治初期に米国から持ち込まれた~」に大ショック。しかも最初は長野県で栽培され、わさびメーカーの「金印わさび」がその後北海道での栽培に切り替えたことで「産地北海道」や野生モノの出現になったようだ・・・。
 道新記事https://www.hokkaido-np.co.jp/article/852597/
・・何だか誰かに謝りたい・・・。汗顔の至りだ。

さて、気を取り直して本題の「おろし金」だ。
個人的に山わさびが大好きだ。醤油漬けを熱々ごはんで、瓶詰なめ茸と和えて、のりの佃煮と和えて。刺身で良し、肉料理で良し、チーズでも良し。とまさに万能薬味だ。
山わさび特有のツーンと辛く爽やかな風味はすべて「おろし」で決まると思う。そのためにも「おろし金」の選択は重要だ。
半世紀にわたりいろいろ試してきた。たどり着いたのがおろしわさび専用のツボエの「サメ吉」だ。

サイズ感、目立て、作業性、擦り心地はもちろん、何よりすりあがりが良い。繊維質が残りがちな山わさびだがペースト状に近い緻密なおろしわさびとなる。さすが専用品だ。
鹿肉なら刺身でも焼肉でもたたきでも抜群に合う!
amazonで簡単に手に入る信頼のメードインジャパンだ。金物の町「燕三条」の品だ。

  • 2023年03月06日(月)12時53分

「スノーヘルパー」と「リカバリーラダー」。メンテと改造は必須だ。

アップロードファイル 60-1.jpgアップロードファイル 60-2.jpgアップロードファイル 60-3.jpg

北海道で車に乗る昭和世代なら100%持ってるスノーヘルパー。車の大きさに合わせて大中小があるが、必ずや積んでいると思う。(平成世代の街乗り青少年は積んでないことが多い。)
ハンターで本格派は二組4枚とか居ると思う。

自分も二組4枚派だ。大型スノーヘルパー2枚(日本製 小原産業)。加えてリカバリーラダーっぽいパチモンが2枚だ。
スノーヘルパーは大昔にオートバックスで買った当時の大サイズ。とは言っても65㎝だ。使い込んでいるので駆け上がり部分はずいぶんと減り裏面のスパイクも潰れ気味だが頑丈だ。さすが日本製。
その後、世の中に「リカバリーラダー」なる特大サイズがリリースされた。100㎝~110㎝の代物だ。有名どころでは豪州製マックストラックスでお値段も3,5万円とかだ。当然手が出ないので3年待った。
案の定、パチモンがamazonでヒットした。税込み送料込みで2枚で8千円!ヤリー!だ。
しかし落とし穴だった。たった1回の使用でトレッドにかかる突起の爪全部が飛んだ。そして裏面の滑り止めも削れて全く効かずに本体を車体下に掻き込んでしまう・・
不良品どころか山の中では遭難騒ぎになる命取りのゴミ商品だった。
ただ、頭を使うには良かった。「どうしたらいい?」で考えて手を動かすことにつながった。ボルト、ナット、ワッシャーで爪を新設。・・ま~ま~なんとか・・だ。結果、ゴミの削減には貢献している。リカバリーの本当の意味はこっちだったか・・・。
いつも前向き。常にポジティブ。人生楽しく行こう!

  • 2023年01月30日(月)14時20分

スパイス。・・装備というよりは「こだわりの常備」か・・。

アップロードファイル 59-1.jpgアップロードファイル 59-2.jpgアップロードファイル 59-3.jpg

ミートハンターの俺は「食べる」が狩猟の到達点となる。
当然うまいモンが食いたいので、たまにスーパーに行ったりすると調味料コーナーが大変気になる。
粉末スパイス系、液体調味料系、フレーバーソルト、出汁・・・。行くたびに何某かの新製品があるのが実に楽しい~。テーマパーク並みのワクワク感がある。

画像は、我が家のラインナップだ。どこのご家庭にもある定番モノと思う。
他にも尖ったものが多少あるが冒険の範疇だろう。

お気に入りは黒コショウ粒(ミル挽)。クレージソルト。マキシマムで「スパイス御三家」と呼んでいる。チリパウダー、ナツメグ、オールスパイスは「スパイス三銃士」だ。これにタバスコ、サンバル、サルサソース、沖縄練り唐辛子で「エスニック四天王」。
・・「サルサソース」、「サンバル」は特に良いんだよね~。
それと、油系も味の決め手となるのでこれも気が抜けない。

なんだか腹が減ってきた。ヨ~シ、今日は鹿肉ソーセージにサルサソースとトルティーヤでタコスだ!コロナビール買って帰ろう~っと。いや待て、寒いからテキーラにしようっと。

  • 2022年12月22日(木)09時50分

灯火、ランプ、明かり。まあ言うなれば懐中電灯の類だな。

アップロードファイル 58-1.jpgアップロードファイル 58-2.jpgアップロードファイル 58-3.jpg

日没後の解体や車中泊。ザックを漁ったり車内での探し物、、、日が短い猟期ではLEDの明かりが欠かせない。

ヘッデン(ヘッドランプ)にランタンタイプ、スタンド式なんかあると非常に便利だ。
・・・安くなった~。100円ショップで揃う。100円から300円位だ。
LEDが世に出た当時はヒトケタ違った。3,000円とか5,000円とかで有名アウトドアメーカーが性能より高価格を競っていたようなセレブレティ―な世界だった。

まあ、常に持ち歩くヘッデンだけは経験上ブランドもんがいいと思う。安モンのヘッデンはLED切れや接触不良が多い。車載用は100円ショップで充分。ランタンタイプは200円。スタンド式は100円だ。信じられない。
こっちはもう何年も使っている。いつ買ったのかも思い出せない。費用対効果はどんな計算式においても数値が出ないくらいだ。

長男がamazonで買ってくれたのがある(写真右)。4㎝x4㎝の超小型だけどスッゲー明るい。面照射と云えばいいのか、とにかく照射範囲が広く大光量。札幌ドームのナイター照明かと思った。
  (昭和のご同輩~。俺らが鉄砲始めた頃は電球式で暗くて電池も2時間くらいしか持たない重たくデカいヘッデンだったよねえ~・・。時代だな~。)

  • 2022年12月02日(金)14時03分

スリングとカラビナ

アップロードファイル 57-1.jpgアップロードファイル 57-2.jpgアップロードファイル 57-3.jpg

本来、登山用品である。ただ猟でも有用だ。
射獲したシカの引き出しや、ツリーストラップ、斜面でのオートブロックやプルージック。積み込みでも何かと便利だ。強度はスリングもカラビナも2.2tで、わかって使う場合には十分な強度と思う。スリングは60㎝と120㎝が一般的だ。重さは登山用品であることから軽量で、複数持参しても全く負担ではない。

車両のレスキューではハイリフトジャッキによるホイールリフトなんかでも活躍してくれる。(車両用ではないので、あくまで自己責任!良い子のみんなは真似しないように。)

鹿引っ張る時の3分の一引き上げシステムとかもすぐ作れる。
ロープ1本・スリング2本(60㎝120㎝各1)・カラビナ3枚ないし4枚。タイブロックなんかあると心強いし便利だ。
スリングは自作も可能だけど「結び方」をしっかり理解し会得しないとヤバい。テープスリングが高くないので買った方がいいと思う。カラビナは必ず専門店で登山用を買うように!最近いろんなところでファッションで売っているのを見るが、それはアクセサリーだ。強度は全く無い。キーホルダーと理解すべきだ。
札幌であれば秀岳荘、ICI、パドルクラブが専門店だ。

  • 2022年11月07日(月)09時33分

寄る年波には、科学で対抗。ヒミツのパケがある。

アップロードファイル 56-1.jpgアップロードファイル 56-2.jpgアップロードファイル 56-3.jpg

老若男女問わず、猟に出れば負荷もかかるし疲労も溜まる。
中高年となれば尚更だし、高齢者では街場の人間から「冷水じゃね!?」とか云われかねない主に雪山をフィールドとする冬の活動である。猟は結構過酷かと思う。

そこでだ!元気でハツラツ。藪漕ぎ、テンコツ廻りなんのその。ツボ足、ゾンメル、スノーシュー何でも来い。の秘密のパケを紹介したい。
「お客さん~、効くのあるヨ~」「疲れなんか、一発で消えるヨ~」を合言葉にお勧めする。
俺はかれこれ20年弱使っている。(常習者!?)・・・心配ない。合法品だ

AJINOMOTO㈱がリリースするスポーツアミノ酸「アミノバイタル」シリーズだ。

まずはしっかり飯を食うこと、行動食をこまめに摂ることが一番大事だが年取ると食が細くなるし食い物も偏ってくる。
獲物の視認、発砲でアドレナリンが上がると飯食うことを忘れる。射獲、搬出、搭載では筋肉が悲鳴を上げる。
補おう!21世紀だ。登山者やアスリートが採用する「アミノバイタルプロ」を山入り前に一包。
折り返しのテンコツで「スーパースポーツ」を1パックで疲労の度合いが格段に違う。
科学の力ではあるが、ケミカルなお話しじゃない。「アミノ酸=食品」だ。翌日が全然違う。是非試されたい。(二日酔いにも効果覿面。肝臓が喜ぶ。コロナ前はススキノへの出猟時にも持参した。当時はマカやスッポンも入っていればいいのにと不謹慎なことを考えていたが今ではそんな脂もすっかり抜けた。アミノバイタル。真正アスリートの為のサプリである!)

ご同輩!出猟時には忘れずに「鉄砲に弾に許可証。そしてアミノバイタル。」だ。

  • 2022年10月31日(月)09時44分

精肉用で「フィレナイフ」

アップロードファイル 55-1.jpgアップロードファイル 55-2.jpgアップロードファイル 55-3.jpg

精肉作業でこの上なく便利だ。
枝肉からの抜骨、モモ肉のバラシ、筋引き、ザル外し、・・・。

よく切れる刃物なら出刃でも牛刀でもハンティングナイフでもいいが、フィレナイフは便利だ。
刃体が薄く長く、しなやかでそれでいて腰がある。
筋膜を剥す(筋切り)には最適だ。筋膜の下に刃を入れ上向きにする。薄い筋膜を削ぐように剥ぐことができる。
本来は洋食の魚料理の道具らしいが鹿肉でも活躍してくれること経験上間違いない。
(巷、魚の中骨や肉系の骨絡みの作業に使うなとあるが、これも使い方だ!やれば分かる。)

バラシに一本「フィレナイフ」。道具類は猟場だけではなく街場に帰ってからの作業も考えて便利な物を揃えたい。

両刃の洋包丁の和名「ホネスキ」や「ガラスキ」も便利だ。(ご存じゾーリンゲンは一生モンと思う。)いい道具と作業効率は比例する。